講習会

食品衛生責任者養成講習会

食品を扱う店舗を営業する場合、営業者は食品衛生管理責任者として営業許可施設ごとに食品衛生責任者を置かなければなりません。食品衛生責任者がいない場合、食品衛生責任者となるべく下記の資格を持つ方に当講習会を受講していただく必要があります。下記の資格をもたない食品衛生責任者は、知事が認定した講習を保健所長の指示に基づき受講しなければなりません。

食品衛生責任者として認められている有資格者

  • 栄養士、調理師、製菓衛生師、食鳥処理衛生管理者、船舶料理士
  • 食品衛生監視員、食品衛生管理者になることができる資格(医師、歯科医師、獣医師、薬剤師、特定の大学学部を卒業した者など)を持っている者
  • 食品衛生責任者を養成するための講習会を修了した者
  • 他の都道府県で上記と同等以上の責任者を養成するための講習会を修了した者
  • 食品衛生責任者養成講習会は、食品衛生法、福井県食品衛生条例に基づく営業許可施設 に従事している方及びその業務に従事希望の方を対象として開催しています。
  • 「食品衛生責任者養成講習会」受講済の方は、有資格者として全国で通用しますが、一部通用しない県もありますので、就業する場合は、その県にお問い合わせください

食品衛生責任者養成講習会の一覧

調理師・製菓衛生師試験予備講習会

調理師試験および製菓衛生師試験にそなえ、受験者の合格率のアップと食品衛生知識の向上を図ることを目的に調理師・製菓衛生師試験予備講習会を実施しています。

  • 調理師・製菓衛生師試験予備講習会は、調理師試験および製菓衛生師試験の受験資格を有する方ならどなたでも受講できます。

調理師・製菓衛生師に関して(福井県ウェブサイト)
調理師・製菓衛生師試験予備講習会の一覧

ふぐ処理講習会

福井県でふぐの処理を行う場合には、「福井県ふぐの処理に関する条例」に基づき、「ふぐ処理登録者」として登録を受けることが必要となります。
ふぐの処理を行う施設は、施設ごとに保健所(健康福祉センター)に届出を行わなければなりません(ふぐ処理施設)。 また、ふぐ処理施設には、専任の「ふぐ処理登録者」を設置することが義務付けられています。

この資格を取得するには、知事が指定する「ふぐ処理講習」を修了するか、 または他の都道府県のふぐの処理に関する条例に基づくふぐ調理師等の免許を持っていることが必要となります。

「ふぐ処理講習」の受講資格

  • 調理師免許を持っている者
  • ふぐ処理施設(福井県においてふぐの処理を行う施設として、届出がされた施設)において、 ふぐ処理登録者の監督のもとで、ふぐの処理に従事した期間が通算して2年以上ある者

ふぐの処理に関して(福井県ウェブサイト)
ふぐ処理講習会の一覧